商品情報にスキップ
1 4

搾乳ロボット牛舎のストール

ストールは、搾乳ロボット牛舎の牛が最も重要視するものです。なので、私たちも重要視していきましょう(現在の牛舎でもそのようにしていると思います!)。4dBarnのeコース「搾乳ロボット牛舎のストール」には、適切なストールを選択するに当たって必要となる情報を盛り込みました。さらに、ストールと関連する敷料や作業についても触れています。

eラーニング, 新着
詳しく見る
通常価格 Ex.Vat €315.00
Ex.Vat 通常価格 セール価格 €315.00

搾乳ロボット牛舎のストールのコースから得られるもの

学習する内容 搾乳ロボット牛舎を建てる際の重要な選択肢の1つに、ストールに関連するものがあります。 誤った選択をするととんでもないことになります。

icon-0

円滑なストール管理のためのルーティン作業

ストールの管理に費やす作業時間は農場によってかなりばらつきがあります。このコースでは効率的な作業ルーティンを学びます。

icon-1

適切なストール寸法

ストールの構造とその役割を理解することで快適な牛床を作り上げることができます。

icon-2

農場に合った実用的な選択

ストールに関する正しい決断をするのは簡単なことではありません。他の農場の事例や当社の専門家からの知見でストールの知識を深めましょう。

学習スケジュール

4dBarnが提供する「搾乳ロボット牛舎のストール」のコースは手軽に楽しく学習できる工夫がされています。このコースは8つのパートから成り、全パートの学習時間は合計で約1-1.5時間です。ご自身の学習計画に合わせて少しずつ進めることもできます。受講期限内の閲覧回数に制限はありませんので、復習や振り返りにお役立てください。

このコースではストールの適切な寸法、敷料の選択肢、作業ルーティンに関する最新情報を提供します。ストールの種類、敷料、管理方法など検討すべきことはたくさんありますが、最適な判断をするための考え方を学習していきます。


eラーニング, 新着
  • 5 分

    イントロダクション

    このストールコースの学習内容のご紹介です。 無料で閲覧できます。

  • 10 分

    背景

    牛にとって休息がどれだけ欠かせない行動で、それを支えるストールが快適かをどのように判断するかを見ていきます。

  • 10 分

    牛床

    このパートでは、牛床の種類と敷料を選択する際のポイントを学習します。

  • 10 分

    広さと寸法

    牛群の体の大きさをなぜ把握しておく必要があるのか、ストールの寸法のうち重要な箇所はどこか、を学習します。

  • 15 分

    作業

    敷料に関する戦略と効率的な作業方法を見ていきます。

  • 5 分

    リスク

    ストールに関連して発生しやすい5つのリスクと、その回避方法を学習します。

  • 15 分

    現場の声

    フィンランドの4件の農家の、ストールと敷料に関する実体験を見ていきます。

  • 10 分

    選択する

    この最後のパートでは、ご自身の搾乳ロボット牛舎のためのストールについて検討していきます。

講師からのメッセージ

trainer-

ビルピ・クルケラ・獣医師

牛舎において占める面積は小さくとも、牛が一番気にするのがストールです!

搾乳ロボット牛舎の牛の重要な仕事は、食べること、搾乳ロボットに入ること、そして休息することです。これらの単純な行動が乳量と健康に大きく寄与します。

 

牛に快適に長時間横臥してもらうために、ストールは念入りに検討する必要があります。今回のコースの目的は、ストールの構造・大きさ・管理方法を実際に決める際の判断基準となる基本的な知識を身につけてもらうことです。

ストール管理に成功した酪農家のコメントや実例も参考になると考えています。

牛たちに快適な休息場所を確約するため、是非、受講してみてください。

お客様の声

練習問題や理論立った説明があり、学習しやすかった

色々考えさせられ、新たな気づきがあった

これまで考えたことがなかったような点がたくさん出てきた

お問い合わせ

フィンランド:

email: info@4dbarn.com

email: name.lastname@4dbarn.com

Address: Isokatu 16 B 11. 90100 Oulu, Finland

USA:

David W Kammel, Madison, WI

Tel. +1 608 212-9901

日本: 

金井奈穂子(獣医)北海道

メール info.japan@4dbarn.com