Siirry tuotetietoihin
1 / 4

ウェビナー:フィンランドのロボット牛舎 ~労働効率の高い農場はどのように働いているか~

4dBarnのこのウェビナーでは、近代的な搾乳ロボット農場において高い労働生産性を達成するために何が必要なのかを見ていきます。例として、フィンランドでもトップクラスの成績の搾乳ロボット農場をご紹介します。
ウェビナー, 新着
Lisätietoja
Normaalihinta Ex.Vat €0,00
Ex.Vat Normaalihinta Myyntihinta €0,00
Start learning

ウェビナーのオススメポイント

労働効率と生産性を高めることは、搾乳ロボット農場における一般的な達成目標です。このウェビナーでは成功した農場を例に、その達成方法をお伝えします。

icon-0

管理方法

年間13,000L/頭の生産性を達成した給餌内容

icon-1

牛と人

牛群の改良目標、日常的な労働時間について

icon-2

搾乳ロボット牛舎

牛がロボットに入りたがるために重要な搾乳ロボット周辺の要素について

タイムスケジュール

所要時間:60分

ウェビナー, 新着
  • 20分

    フィンランドでトップクラスの労働生産性を誇る農場の概要と、そこでの管理方法(例 給餌方法など)を見ていきます。搾乳ロボットでのペレット給餌量が1頭につき4.5kgで、日乳量がなんと45kgです!

  • 20分

    牛群の改良目標と、高い生産目標を達成するための主な要素を見ていきます。

  • 20分

    トールブース型(料金所のような並び)のロボット配置での牛の動線、今回のまとめと、日本のウェビナー視聴者との質疑応答です。農場の規模と労働生産性には関係があるのか、搾乳ロボットの前のスペースはどれくらいにするべきか、などについて説明します。

講師からのメッセージ

trainer-

Virpi Kurkela, DVM

4dBarnのサービスをもっと知っていただくために、当社のお客様で、フィンランドの中でもトップクラスの労働生産性を誇る農場をご紹介します。
2019年にフィンランドの労働生産性の高い農場を何件か視察した日本の酪農家の方がおっしゃった、”どこの農場でもみんなリラックスして幸せそうに働いている”という言葉が印象的でした。
このウェビナーではその中の”幸せ”な農場の1つを採り上げ、管理方法、牛の状態、作業者の様子と搾乳ロボット牛舎をご紹介します。

是非ご覧ください!

trainer-

Nahoko Kanai, DVM

Ota Yhteyttä

Suomen yhteyshenkilö:

Sähköposti: info@4dbarn.com

Sähköposti: name.lastname@4dbarn.com

Osoite: Isokatu 16 B 11. 90100 Oulu, Finland

Yhdysvaltojen yhteyshenkilö: 

David W Kammel, Madison, WI

Puh. +1 608 212-9901

Japanin yhteyshenkilö: 

Tohtori Nahoko Kanai, Hokkaido, Japani

Sähköposti: info.japan@4dbarn.com